ジャーマンカモミール

2019/11/08 ブログ
花

日本ナチュラルホリスティックトリートメント協会代表理事の長屋博美です。

心と身体の癒しブログコルサナにご訪問頂き誠に有難うございます。

今回はメディカルハーブのジャーマンカモミールの説明をしていきます。

学名
Matti aria chamomilla

Matricaria recutia

 

和名
カミツレ

 

科名
キク科

 

使用部位
花部

 

主要成分
精油(アルファビサボロール・カマズレン)

ヤスキテルペンラクトン類(マトリシン)

フラボノイド(アピゲニン・ルテオリン)

 

作用
消炎(湿疹・汗疹)

鎮静

鎮痙

駆風

 

適応
胃炎

胃潰瘍

月経痛

皮膚炎

解説
ジャーマンカモミールはピーターラビットの童話にも登場し、世界で最も親しまれているハーブの1つです。心身をリラックスさせるとともに、消炎作用を発揮するためストレスによる胃炎、胃潰瘍や不眠、それに冷え性や月経痛などの婦人科の症状に用いられます。牛乳と相性が良いため、ミルクティーとしても楽しめます。

 

注意事項
キク科アレルギーの方はご注意下さい。