レモンピール

2019/11/23 ブログ
花

日本ナチュラルホリスティックトリートメント協会代表理事の長屋博美です。

心と身体の癒しブログコルサナにご訪問頂きた誠に有難うございます。

今回はメディカルハーブのレモンピールの説明をしていきます。

学名
Citrus

 

和名
檸檬

 

科名
ミカン科

 

使用部位
果皮

 

主要成分
フラボノイド

ビタミン

粘液質

 

作用
抗菌作用

抗酸化作用

解熱作用

利尿作用

食欲増進作用

刺激作用

 

適応

食欲不振

解説
レモンピールはレモンの皮を乾燥させて作られています。古くからイギリスやフランスでは、風邪の引き始めにレモンにお湯、砂糖を加えて飲ませていました。

抗菌、解毒に優れ、風邪の引き始めの熱がある時に最適です。

動脈の内壁が暑くなることを防いでくれ、さらに静脈、血管を強くさせてくれます。

 

注意事項
精油でなければ光毒性は大丈夫です。

  • アクセス