グレープフルーツ

2019/11/27 ブログ
フルーツ

日本ナチュラルホリスティックトリートメント協会代表理事の長屋博美です。

心と身体の癒しブログコルサナにご訪問頂き誠に有難うございます。

今回は精油のグレープフルーツの説明をしていきます。

学名
Citrus paradisi

 

科名
ミカン科

 

抽出部位
果皮

 

抽出方法
圧搾法

 

主な産地
アメリカ

イスラエル

ブラジル

アルゼンチン

 

主な成分
モノテルペン炭化水素95%(リモネン)

アルデヒド類1%(オクタナール・シトラール)

モノテルペンアルコール1%(ゲラニオール)

ケトン0.2%(ヌートカトン)

 

作用
血液降下作用

蠕動運動促進作用

抗菌作用

脂肪溶解作用

うっ滞除去作用

精神安定効果

空気浄化

特徴
名前の由来は果実のつき方がグレープの房のように見えるからついたとされている。精油の色調は黄色から幾分赤までで、ヌートカトンが特徴的な香気である。脂肪分解作用があるとして人気がある。

 

注意
薬との相互作用が多く報告されているので、ジュースを飲んだりトリートメントをするときには注意が必要である。血圧を下げる薬を飲んでいる人は、薬物の効果を増強する。光毒性があるので使用を控える。