サンダルウッド・インド

2019/11/28 ブログ
花

日本ナチュラルホリスティックトリートメント協会代表理事の長屋博美です。

心と身体の癒しブログコルサナにご訪問頂き誠に有難うございます。

今回は精油のサンダルウッド・インドの説明をしていきます。

学名
Santalum album

 

科名
ビャクダン科

 

抽出部位
心材

 

抽出方法
水蒸気蒸留法

 

主な産地
インド

インドネシア

スリランカ

 

主な成分
セスキテルペンアルコール80%(αーサンタロール・βーサンタロール)

セスキテルペン炭化水素3%(サンタレン)

ケトン(サンテノン)

 

作用
鎮静作用

心臓機能回復作用

うっ滞除去作用

尿路不全回復作用

血行促進

消炎作用

皮膚軟化作用

催淫作用

特徴
自分の根を他の木の根に差し入れて養分を取る、半寄生性の常緑樹である。インドマイソール産の物が最高品質。サンダルウッドの香りはなかなか消えない。リラックス作用が強く、神経の緊張と不安を和らげる。膀胱炎を好転させ、尿路系に有効で、また気管支炎などにも有効である。また老化肌、にきびなどにも効き目を発揮する。インドでは保護樹林となっている。

 

注意
妊娠中は使用しない。