ゼラニウム

2019/11/29 ブログ
花

日本ナチュラルホリスティックトリートメント協会代表理事の長屋博美です。

心と身体の癒しブログコルサナにご訪問頂き誠に有難うございます。

今回は精油のゼラニウムの説明をしていきます。

学名
Pelargonium graveolens

Pelargonium asperum

 

科名
フウロソウ科

 

抽出部位

 

抽出方法
水蒸気蒸留法

 

主な産地
エジプト

レユニオン島(フランス領)

フランス

モロッコ

 

主な成分
モノテルペンアルコール56%(シトロネロール・ゲラニオール・リナロール)

ケトン7%(メントン)

 

作用
鎮静作用

抗菌作用

皮膚弾力回復作用

防虫作用

ホルモンバランス調整作用

特徴
不安を鎮め、精神を明るく高揚させる。ホルモン系の機能を正常にする機能があり、月経前緊張症、更年期障害に役立つ。利尿作用があり、体全体の排泄がうまくいかず体内に滞留が生じたときに効果的である。肌をしなやかに保ち、皮脂の分泌バランスをとる。昆虫忌避作用があるので、虫除けスプレーを作るときに用いられる。南アフリカ原産で寒さに弱い。グラースで香料を得るために栽培が始まった。花が開く前の葉を収穫し水蒸気蒸留法で精油を得る。力強いローズのような香りがする。

 

注意
妊娠中の方は使用しない。