ベルガモット

2019/11/30 ブログ
花

日本ナチュラルホリスティックトリートメント協会代表理事の長屋博美です。

心と身体の癒しブログコルサナにご訪問頂き誠に有難うございます。

今回は精油のベルガモットの説明をしていきます。

学名
Citrus bergamia

 

科名
ミカン科

 

抽出部位
果皮

 

抽出方法
圧搾法

 

主な産地
イタリア

 

主な成分
モノテルペン炭化水素50%(リモネン)

エステル30%(酢酸リナリル)

モノテルペンアルコール(リナロール)

ラクトン微量(ベルガプテン・ベルガモテン)

 

作用
鎮静作用

中枢神経抑制作用

抗鬱作用

デオドラント作用

抗ストレス

不眠に良い

特徴
高級化粧品や香水などに用いられる。オーデコロンでは最も広く利用されている。アールグレイの香りをつけるためにも使用される。心を鎮静させるとともに高揚させる作用がある。不安症、抑うつ症に効果がある。

 

注意
光毒性の成分を含むため使用後に日光に当たらないようにする。