ティートリー

2019/11/30 ブログ
logo

日本ナチュラルホリスティックトリートメント協会代表理事の長屋博美です。

心と身体の癒しブログコルサナにご訪問頂き誠に有難うございます。

今回は精油のティートリーの説明をしていきます。

学名
Melaleuca alternifolia

 

科名
フトモモ科

 

抽出部位

 

抽出方法
水蒸気蒸留法

 

主な産地
オーストラリア

 

主な成分
モノテルペン炭化水素45%(yーテルピネン)

モノテルペンアルコール37%(テルピネンー4ーオール)

オキサイド9%(1.8ーシネオール)

 

作用
抗菌作用

抗真菌作用

抗ウイルス作用

免疫向上作用

特徴
オーストラリア原産の常緑低木。アボリジニの伝統的な治療薬として利用されてきた。強力な殺菌消毒作用を持ち、体から毒素を排泄する。感染症を起こした創傷、おできの膿を減少させる。免疫力を上げ、感染症に負けない体作りを助けてくれる。第二次世界大戦ではオーストラリア軍の常備薬として使用されていた。

 

注意
皮膚刺激有り