ベンゾイン(安息香)

2019/12/01 ブログ
油

日本ナチュラルホリスティックトリートメント協会代表理事の長屋博美です。

心と身体の癒しブログコルサナにご訪問頂き誠に有難うございます。

今回は精油のベンゾインの説明をしていきます。

学名
スマトラ安息香 Styrax bensoin

シャム安息香 Styrax tonkinensis

 

科名
エゴノキ科

 

抽出部位
樹脂

 

抽出方法
揮発性有機溶剤抽出法

 

主な産地
(スマトラ安息香)

インドネシア

タイ

(シャム安息香)

タイ

ラオス

 

主な成分
(スマトラ安息香)

エステル40%(桂皮酸エステル類)

アルデヒド2%(バニリン)

(シャム安息香)

エステル40%(安息香酸エステル類)

アルデヒド2%(バニリン)

 

作用
鎮静作用

去痰作用

収れん作用

癒傷作用

特徴
レジノイドである。バニラの成分のバニリンを含んでいるので甘い香りがする。大変粘性が高いので通常希釈して販売されている。呼吸器系の不調を癒し風邪、気管支炎、咽頭痛を好転させる。ヒビが切れた乾燥した皮膚に良い。保留剤。

 

注意
妊娠初期は、使用を避けてください。