レモン

2019/12/02 ブログ
れもん

日本ナチュラルホリスティックトリートメント協会代表理事の長屋博美です。

心と身体の癒しブログコルサナにご訪問頂き誠に有難うございます。

今回は精油のレモンの説明をしていきます。

学名
Citrus limon

 

科名
ミカン科

 

抽出部位
果皮

 

抽出方法
圧搾法

 

主な産地
アメリカ

イタリア

スペイン

アルゼンチン

 

主な成分
モノテルペン炭化水素93%(リモネン)

アルデヒド3%(シトラール・オクタナール)

モノテルペンアルコール 微量(リナロール)

 

作用
抗菌作用

血流増加作用

強肝作用

消毒作用

腸蠕動運動活性

鎮静作用

特徴
芳香浴で落ち着く。血流を良くし、血圧を下げる。消毒作用があるので、咽頭痛、咳、風邪の改善に効果的である。肌に対しては死んだ皮膚細胞を取り去って、色のさえない画期のない肌色を改善する。

 

注意
敏感肌を刺激することがあるので注意。光毒性注意。