中医学の心とは

2019/12/18 ブログ
心

心•••全身に血を送り、精神を安定させる


心には2つの働きがあります

①血を全身に送るポンプの役割

心は血をすみずみまで送り出す

ポンプの役割

をしています。

中医学における心は、私たちのよく知っている心臓の働きとイメージが重なります。

②「精神」や「思考」など脳の働きをコントロールする

心には

脳の働きをコントロール

するという役割もあります。

心は血のめぐりを支配し、精神や思考を支えている場所です。

心がしている仕事


□血を体のすみずみに送り出す

□正常な思考ができるように支える

□意思をはっきり保つ

□記憶が出来るように支える

□精神が安定するように支える

心が関係している気血水のバランス


□血のめぐり

□血の量

 

まとめ


心は生命の根本を担う臓器である。血をつかさどり、血を全身に循環させるほか、神を蔵し、精神活動の中心となる。